So-net無料ブログ作成

GPスケアメ [フィギュアスケート]

シニアGPS開幕戦スケアメ[ぴかぴか(新しい)]
初戦らしくSPは自爆気味だったけどフリーはみんな良かった[グッド(上向き矢印)]
予想では4LzのボーヤンVS4Fの宇野くんだったんだけど・・・

リザルト http://www.isuresults.com/results/season1617/gpusa2016/
宇野くん優勝おめでとう[exclamation×2]初ではないけど初優勝みたいな感じで。歴代日本男子
スケアメ優勝暦に名を連ねた(ちなみに一番のインパクトは08年にジョニーとエヴァン
を抑えて優勝した小塚くん)オフシーズンにあれだけ跳んでた4F、決まって本当に
よかった[グッド(上向き矢印)]しっかり自分のものにしていてスゴイ。SPはちょっとどのジャンプも
着氷が微妙だったけどとりあえず抜けなきゃOK。FSは後半3A転倒以外は
素晴らしい!4Fもそうだけど4Tが安定しているのも強み。ジャンプの癖も目立た
なかった。個性的なアメリカ男子2人に挟まれたからかプログラムの印象がちょっと
薄い。フリーの前半のステップはすごくかっこいいけど後半はボーカルが騒がしくて
跳んで滑ってだけの印象に。平昌までは振り付け師変えないのかな。日本男子は
GPSで燃えてファイナルピークなことが多いから、ピーキングに注意だね。プレッシャー
かけたくないけども、今季最大のミッションは五輪枠取り。4年前あれだけ黄金世代
だったのに、ロンドンワールドSP後の大ピンチは未だに忘れられない。でも宇野くん
はそんなに気負ってなさそう(に見える)からこのままいけますように。

昨季N杯欠場以降見れなかったジェイソン、久しぶりに見てやっぱりすごく良かった。
FSで4T降りたかと思いきや回転足りなかった。3Aは完璧。ハイドロからの
バレエジャンプとかスパイラルとか美しすぎる。繋ぎと要素が全て繋がってプログラム
として完成されてる。これでクワドが決まったら鬼に金棒。いろんなタイプの選手が
いて楽しい。EXもすごかった。

リッポンはSPクワド抜いてノーミスしたら2クワドの宇野くんとさほど変わらない
得点だという。減点クワドと加点トリプルの差はいかに。ランニング衣装は体操選手
ぽいからちょっと。FSはフラミンゴ?後半は翼の折れた鳥をイメージと聞いて、なぜか
いつも堕天使なジョニーを思い出す。数年前までリンク半周するくらい長い助走で
なかなか決まらなかった3Aが余裕になっているし、他のジャンプも安定してた。

昨季ワールド台乗りして今回も台乗り候補だと思ってたボーヤンはまだ本調子じゃ
ないのかな。今季は振り付けをローリーに変えて、SPはスパイダーマン、FSは
道、どっちも印象的なプログラムでがんばってた。ローリーはジャンプの入りの
ステップとか抜くと試合後すぐにメールがくると以前織田くんが言ってた。ミスが
あったからかもだけどPCSはなかなか伸びない。ボーヤンも4Lz転倒するんだね。
すごい高さと勢いのあるジャンプだから転倒の衝撃大きそう。練習ではほとんど
ジャンプを跳ばなかったと聞いて、本調子じゃない時に無理に跳んで怪我しないこと
も大事だなと。クワド複数時代、練習の方法もすごく興味深い。5位ということは
ファイナルの可能性はほぼないのかな。もっと見たいから残念だな。

SPでやらかしちゃったコフトンもフリーでは頑張って4Sも4Tも降りていい演技。
昨季心配したナムくんもジャンプが戻ってたしヴォロノフもすごくがんばってたし、
GP初戦とは思えないような集中したいい演技がたくさん見れてよかった。

クワド新時代と言われるけれどやっぱりそれだけじゃない、それぞれの長所を
活かした、個性を持ってる人が魅せられる。今回3Aでミスした人が少なかったのも
3A好きの私からしてみて良かった。やっぱり必須ジャンプアクセル大事[手(グー)]

アレ?と思ったのは滑走順がランク順じゃなくなったこと。いろんな滑走順に
慣れるのもいいけどテレビ的には注目選手を引っ張れなくなってその分煽りが長く
なりそうで。


そうこうしてるうちに2戦目スケカナ。
今年も羽生VSパトリックに注目してしまうけど、純粋にプリンスのSPと
美しいフリーの演技が見れるのが楽しみ。気負わずにがんばって。
EXは初披露だよね。楽しみだなぁ[目]