So-net無料ブログ作成

国別対抗戦 '17 観戦記(1) [フィギュアスケート]

シーズン最後のお祭りももれなく羽生劇場となりました。
少し気楽に見れるかと思ってたけどそうはさせないよ[パンチ]
振り返れば夢のような時間だった[ぴかぴか(新しい)]しばらくこの余韻に浸って過ごせる。
1日目はちょっとした悪夢ではあったけど・・

新緑の代々木第一に集えることは、ワールドが終わっても健康で怪我がない
ということ。まずそれが何よりうれしい[ひらめき]チケットを買ったのは去年の10月末
のスケカナの時。翌年4月に金メダリストとして日本に戻ってくることを願って
買った。

この日アリーナSS取ったのは、羽生くんにカモンベイベーしてもらうのと
ボーヤンに糸投げてもらうのとパトリックに横切ってもらうのと・・etc(笑)
たしかに死角があるけど、お祭り大会は盛り上がり重視、距離の近さでしか
味わえない臨場感も楽しみたい。選手が通り過ぎる時に受ける風やジャンプの
衝撃やエッジ音。目線も貰えるし、呼吸だって聞こえる。

1日目は職場から行ったからでオープニングセレモニーもSDも見れなかった。
仕事クビになったら先立つものがなくなるから潔く諦めるしかない。

リザルト http://www.jsfresults.com/intl/2016-2017/wtt/

■女子SP
樋口さんのラ・カリファはバンクーバーのジョニーが脳内に。後半のジャンプ
終わるまでドキドキするけどノーミスできた。

三原さんはロンドカプリチオーソ。この曲好きでいつか羽生くんにやってもらい
たいと思ってるけど今季の活躍で三原さんのイメージが。スピードに乗ってよく
滑る。日本応援席のクリスがタンバリン叩いててかなり気になった(笑)客がや
ったらつまみ出されそう。ワールドでミスしちゃったからドキドキした最後のフリッ
プも決まった!みんな次々PB更新。70点台がポンポン出る。

カレン・チェンのSPの曲聞くとカトリーナ・ハッカーを思い出すのは私だけ?
08代々木N杯の彼女のSPを未だに覚えている。今なにしてるんだろう。カレンと
ぜんぜん関係ない感想でごめん。カレンちゃんに必要なのは安定感。

10代の選手の中で25歳のアシュリーの存在感はやっぱり凄かった[目]この大会も
どんどん面子が変わってきてるのに彼女はもう何回目だろう。その度に存在感に
圧倒されてる。ショー見てるみたいに盛り上がった。ちなみにアシュリーも08N杯
出てて、SP「ある日どこかで」がすっごく素敵プロで未だに忘れなれない。

メドベデワもテレビで見てるだけだとただミスしない上手なだけという印象だった
けど、生で見るとやっぱりすごく良かった。ロシア女子は10代後半で体型変化し
ちゃうけど、予想以上に細くて完璧なスタイルだった。食事制限とかしてるのかな。
ジャンプで手を上げるからかよっこらしょ感が微妙に思ってたけど、今回は流れ
もあって美しく跳べてた。プログラムの雰囲気がいつも似ていて、たまには寸劇
風?じゃないのも見たい。全勝中だからつい注文多くてごめんね。でも本当にすご
いなって思ってるよ。とうとう女子も80点台の時代に突入[グッド(上向き矢印)]


休憩タイムはすぐトイレに行っちゃダメ。ゴーちゃんオンアイス見てから。
中の人変わったかな?相変わらずいろんな技が出来たけど。今回は無茶振り
のない回もけっこうあった。ロロのうさぎ跳びみたいのや羽生くんのへランジ
とかズサーもやってた(笑)


■男子SP
今季から6分練習の前に滑走順に並んでご挨拶することになったけど、選手にとって
はどうなんだろう。このまま続けるなら慣れるしかないけど、リンクインのルーティンも
あるだろうし、羽生くんは一番最初に飛び出すことも多かったけどそれもできなくて
なんとなくやりずらそうに見えるけど、割り切って慣れるしかないね。いつもスイッチ
入っちゃってててニコリともしない(笑)テレ朝の試合はリンクサイドに松岡修造さん
がすごい存在感でいるんだけど、他の選手の演技中もずーっとリンクサイドに立ってて
ちょうど真正面で視界に入ってきて気になった(笑)真剣に見てたけど。

ネイサンはワールドの時も練習時から本調子ではない感じが伺われた。靴の故障
だか足首の怪我だかで今回は4Lzなしで。それでも4Fコンボも4Tも完璧。3Aはやっ
ぱりこわいけど大きなミスはない。正直すごく良かったし100点超えるだろうと思った
けど超えなかった。4-2だったの宇野くんより4点も低いのはPCSの差だね。ワールド
でもっといい演技できてればそういうとこも違ってたかも。ネイサンのインタがあったの
で貼る。北京まで続けるつもりだけどもし平昌で結果を残せたらそこで引退するかもと↓
やめないでほしから平昌で結果残さないで(オイ)
毎日 https://mainichi.jp/articles/20170426/k00/00m/050/052000c

ボーヤンのスパイダーマン楽しみにしてた[グッド(上向き矢印)]4Lzコンボ壁際だったけど高い!
表情豊かでジャッジにも観客にも笑顔を振りまく。3Aの着氷はちょっと堪え気味。
ステップのとこで糸投げてもらえたよー。すごい盛り上がった。今季で一番好きな
プロかもしれない。ボーヤンがやるからいいのかも。PCSもっと出していいのよ。

ジェイソンのSPも好き。髪も衣装もシュッとしてかっこいい。クワドなくても全く
見劣りしない濃いプログラム。みんな引き込まれてウットリしてた。ハイドロからの
バレエジャンプとかすごい。羽生くんも言及してたけど、クワドだけが身体能力の高さ
を証明するものではない。ジェイソンは美しい演技でそれを体現している。


パトリックの国別はいつもデジャブ。6分練習からジャンプの調子はイマイチ。
4Tコンボはすばらしい。4Sは挑んだけど3Sになってオーバーターンで3Aは転倒;
スローな曲に手拍子はいらない。09年から始まった国別、(15年以外)全部出て
くれたパトリックの競技プロを見る貴重な機会だった。ワールド後のこの時期毎回
ジャンプの調子はイマイチだけどその滑りを堪能するには十分だった。ショーでは
なくて競技プロが見たいから。長く続けてくれてありがとう。


宇野くんは小柄だけど滑り始めると大きく見える。全日本で見た時は自信無さげ
で心配になったけど、今季後半で一気に安定感が出て安心して見てられる。重心
が低いことが滑りを安定させてるのかな。隙の無い堅実な演技。ミスしないことが
一番大事。コンボ4-2になっちゃったけど103点出て、これは次の羽生くんがノーミ
スしたらドドーンと最高得点更新させるよ!と予感させられたのだけど・・


羽生くんは最終滑走。そういえば最終は久しぶりかもだけど一番しっくりくる。
生だと見れる喜びが大きくて画面越しより緊張しない。N杯ではフリーしか見れてない
から初生クレイジーどんだけ盛り上がるのかすごく楽しみにしてた。表情が固いのは
集中しているからだろうけど、いきなり1Lo[がく~(落胆した顔)]私のとこからだとちょうど死角で上半身
だけ見えて抜けたのはわかった。イーグルサンドで4Loとかそりゃ抜けるよね。逆に
今までよくこんな入りで跳べてたよ。よしこっから立て直してと思ったら4Sはお手つき
コンボなし[ふらふら]明らかにテンション下がってる。ジャンプミスしても何事もなかったよう
に演技できればいいのだけど糸が切れちゃったかな。3Aだけは全く心配しない。
脚上げも宙を裂くようにビシッと。仕方ないけどおこモードに入っててアリーナへの
煽りも少なかった。今回はノーミスを狙いにきてたんだろうな。公式練習ではノーミス
してたようだから怪我とかじゃないはずで、メンタル的な問題。SPでやらかすのは
ずっと昔からで、その悔しさをバネにフリーでごぼう抜きというパターン。最高得点
更新よりもミスしないでトップに立つという勝負に徹することも大事。SPはとにかく
メンタル勝負だから、GOE狙って難しい入りや出に拘るよりもシンプルでもジャンプを
ミスなく跳べること。アップテンポの曲は心臓に優しいと思ってたけど、出だしは
スローでそこで4Lo跳ぶからドキドキ。今回はアレだったけど、ワールドはミスありな
がらも最後までノリノリで滑れたから、やっぱりSPはアップテンポの曲のほうが勢い
に乗りやすくていいと思う。4Sコンボが決まりづらいのなら4Tコンボでもいいんじゃない
かな。リスフランがこのままいい調子でありますように。多分持ち越さないと思うから
今後ショーで滑ってほしいなぁ。ジャンプとか気にせず盛り上がりたい。


翌日も仕事で急いで帰るから友達と約束してなくてよかった。テンションが低め
になってたから。歩道橋の渋滞で周りの人たちのお喋りが何気に聞こえたけど、
みんな羽生くんに鍛えられているのね(笑)偉いぞっと心の中で同意してちょっと
元気に。きっと明日は思いっきりやってくれるだろうし、やっぱり演技を見れること
自体がうれしくて、今季最後の羽生劇場も必ずハッピーエンドで終わるはずと。


(2日目につづく)